まゆ☆の雑記帳

日記帳がわりかも。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ドラマ 世界の中心で愛をさけぶ

< 第一話 > 「世界の中心で愛をさけぶ公式HP」「人気blogランキング

いよいよ、はじまりました。今、話題の「セカチュー」です。
私は、とても興味がありながらも、まだ原作も映画も未見なんですよね。

男性の主役は緒方直人と山田孝之。映画の主役よりも骨太な感じの配役ですね。
映画の主役の印象とは全然違いますが、二人とも演技派なので楽しみです。
(映画の主役の人も大好きな二人でした。まだ見てないけど・・・)

さて、物語は17年前に白血病で亡くなった恋人の亜紀(綾瀬はるか)を未だに
思い続ける朔太郎のお話です。

話の中心は17年前の回想シーン。

続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(1)

離婚弁護士

< 最終回 >

「離婚弁護士のHP」→ http://www.fujitv.co.jp/rikon/index.html

いや〜面白かった!!
痛快ヒーローものって感じで、見ててとても気持ちがよかったです。

間宮貴子もかなり魅力的でしたが、事務所のメンバーひとりひとり
のキャラがちゃんと生きてて、最終回に行くまでの仲間のつながり
も素敵でした。

悪役の木崎や小沼社長も最後には救いがあったし、とてもよかったと
思いました。

今回の間宮貴子の
「私、やる前から諦めるの嫌いなの」
「依頼人ひとり守れないで、どの面下げて弁護士って言えるの?」
「私だって依頼人のためなら、どんなことだってやるわ」
ってセリフとても素敵でしたよね。
その真っ直ぐな気持ちに周りが打たれるんでしょうね。
続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

オレンジデイズ

< 最終回 > オレンジデイズのHP


分っていたとは言え、ハッピーエンド。
それにしても、なんだか拍子抜けっていうか・・・
色んな布石がどうもきちんと機能してなかったっていうか・・・。

最終回に向けて、紗絵のわがままっぷりが鼻についてきたのも
ストーリーに入り込めなかった理由のひとつかもしれません。
北川さんのドラマって絶対女の人がお姫様でわがまま放題なんです
よねぇ〜。
いつも度が過ぎて、見てて引いちゃうよぉ。
今回は柴咲コウのキャラと言葉がしゃべれないってことで、だいぶ
緩和されてたけど・・・それでも最後の方は我慢出来なくなっちゃい
ました。
まぁ櫂も負けずに反論してくれたから良かったです(笑)
それにしても、紗絵ちゃん物に当たるのは良くないよ。
リハビリセンターの印刷物バラバラにしちゃってたよなぁ〜。
続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

離婚弁護士

< 第10話 >

「離婚弁護士のHP」→ http://www.fujitv.co.jp/rikon/index.html

今週はラストに向けての前編・後編という構成でした。
今回の以来は「セクハラ」です。
先週の終わりの山岡からの引き抜きの話の大企業の元秘書が
会社の社長を相手にしての依頼です。
間宮貴子にとっても引き抜き先の大企業、そこの敏腕弁護士、
そしてずっと味方だった山岡を敵にまわしての戦いになりました。
しかも、大介は自信をなくし、柳田は相手側からの引き抜きに
遭い、二人とも退職の予感・・・。
内外共に波乱の間宮ですが、ラストに向けどう闘ってくれるのか
見ものです。
続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

光とともに・・・〜自閉症児をかかえて〜

< 第10話 >


いつものように晩酌をするお父さんとお母さんを見て
興味を持った光に、晩酌をさせて見るパパ。
初めて自分の息子についで貰ったビールを美味しそうに
飲む光パパの笑顔がたまりませんでしたね。
今までのどんなビールより美味しかったでしょうね。
見てるこっちまで笑顔と涙がこぼれてしまいました。


続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

オレンジデイズ

< 第10話 >  『オレンジデイズのHP』

わっ、なんでしょう、今日のはイライラすることが多かったなぁ。

翔平はあっさりとチベットに行きましたね。
それを内心穏やかじゃなくても、明るく送り出してあげた茜は
偉いなぁって思いました。
好きな人の夢って、やっぱり叶えて欲しいですもんね。
欲を言えば、最後まで人前では泣かないで明るい素振りを見せて
欲しかったなぁ。たとえ家に帰ってひとりで泣くことになってもね。

夕日に向かってオレンジの会のみんな一人一人が自分の願いを言う
ところは良かったですね。

紗絵・・「素直でいられますように」
櫂・・・「強くいられますように」
啓太・・「優しくいられますように」
茜・・・「人の気持ちを分る人でいられますように」
翔平・・「大切な人を守れますように」
(だったような?)

久しぶりにオレンジデイズで青春って感じのシーンでした。
続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(2)

光とともに・・・〜自閉症児を抱えて〜 第9話

< 第9話 >

今日は光くんの笑顔がとても印象的でしたね。
なんだかこちらまで嬉しくなってくるような気がしました。

ホットケーキも自分で作れるようになったし♪
それにしても、里緒先生、ホットケーキも作れなかったんですね〜。
帰り道の「私にも出来なかったことが光くんに出来たなんてすごいですね」って
励まし方も里緒先生らしくて素敵です。

とうとう、里緒先生が辞めてしまうことを知ってしまった幸子。
里緒先生が心の支えだっただけに、ショックも人一倍でしたね。
なんとか辞めないでもらえるようにお願いしようとしていたのですが、
そこで桜先生が光くんのモノマネをしていた女の子に里緒先生や幸子の気持ちを
一生懸命に伝えてる姿に思い直し、自分も成長することを決意します。
続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

オレンジデイズ

< 第9話 >

今回はいとこ役で沢村一樹が登場しましたね。
手話を覚えて紗絵にピアノを教えているところとかは、とても楽しそうでしたね。
ピアノコンクールに挑戦するという紗絵に、最初反対する櫂。今までだったら
すぐに賛成しそうだったので違和感あったんですが、後でその理由が判明。
でも、今まではあんなに紗絵が色んなことに挑戦するのを応援していたのに、
理由が分っても、付き合った途端に束縛する男みたいに少し感じてしまったなぁ。

ピアノコンクールの時、突然また高音が聞こえなくなってパニックになる紗絵。
その音をたよりに演奏してたら、パニックになるのも当然だろうなぁ。

でも、楽譜を忘れて取りに来た紗絵が一人でコンクールで弾くはずの曲を
弾き終わったあとの櫂君の手話は良かったですね。
「もしも僕が審査員なら君が優勝だ。君は神様に選ばれた人だから」
(たしかこんな感じのこと言ってましたよね。)すごく微笑ましいシーンでした。
続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

「離婚弁護士」

< 第8話 >

今日は紀三郎(津川雅彦)の娘、博美(戸田菜穂)の不倫問題。
デパートに勤める幸子の上司の(春田純一)の奥さんから幸子が慰謝料を求めて
訴えられるという話でした。
奥さん側の弁護士に生瀬さんですか・・・今回は特にまた目をぎょろつかせて
ましたね(笑)生瀬さん好きなんだけど、なんか勿体無い使い方のような気が・・・。
さて、問題の上司と博美との関係なんですが、たしかに付き合っているしお互いに
愛し合っているようなので、不倫という関係のようですが、法律上での不倫って
不貞関係があるかどうかだけなんですね。
この二人の場合は、幸子が奥さんときちんとしないと・・って、そういう関係には
なってなかったようですね。だから、法律的には不倫を立証できないみたいでした。
今回の法律講座は、世の中の奥様たちがしっかりメモってそう・・・(笑)

続きを読む >>
ドラマ | comments(2) | trackbacks(0)

光とともに・・・〜自閉症児をかかえて〜

< 第8話 >

今日は光くんの行っている小学校の運動会でした。
光くんは、「ネズミマーチ」と「かけっこ」に出場することになりました。
途中何度もはらはらするところがありましたが、理緒先生をはじめ周りの
先生方、同じクラスのお友達や家族に支えられて無事にやりとげる事が
出来ましたね。
かけっこの時に、クラスメイトの子達がゴールの前で待っててあげるのも
なんか良かったです。
普通なら不自然に見えるかもしれない演出も、今までの光くんとクラス
メイトとの色んなエピソードから、自然に感じました。

今回も運動会の成功や、ジュースのストローを自分で刺す事、トイレを自分
からカードを指して伝えることなどが出来るようになって来ました。
光くんを取り囲む家族達も、どんどん光くんを理解し明るく気長に見守って
行こうと成長している姿が素敵です。

続きを読む >>
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)