まゆ☆の雑記帳

日記帳がわりかも。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 生茶パンダ | main | 生パン3兄弟 >>

ウォーターボーイズ2

< 第一話 >   「ウォーターボーイズ2公式HP」「人気blogランキング

ウォーターボーイズ2見ました。
この間テレビで映画版があった時に、「2」のショートストーリーがあってたん
ですが、これも面白かったですね。
金子貴俊扮する早乙女先生が姫乃高校に赴任してシンクロをやろうとする動機
が描かれてました。
さて、今回の主役は市原隼人くんです。ヤンキー母校に帰るに出ていた俳優さん
ですね。(少ししか見てなかったけど、印象に残っています)
市原くん、かなり滑舌悪くセリフのキレが悪いんだけど、ルックスとキャラで
かなりカバーされてます(笑)

今度の役名は「水嶋泳吉」略して『水泳』ですか・・・(笑)
前回の「進藤勘九郎」略して『シンクロ』は考えたなぁ〜って感心してたけど
今度はまたベタな・・・(笑)

それにしても、泳吉・・・学校にたどり着くまでに川に落ちたり、Tシャツ
ひっかけたり・・とドジぶりも相当ですね〜。それがケンカに強いとか
色々な伝説の元になってしまうとは・・・もう大笑いです。

舞台はつい数年前までは女子高だった姫乃高校、今でも女子の地位が高く
男子は肩身のせまい思いを日々強いられていました。
早乙女先生(金子貴俊)と山本(中尾明慶)は、今度転校してくる学生が名門校の
水泳部だったことを知り、初の男子運動部である水泳部をつくることに期待を
寄せていた。

しかし・・・実は泳吉は名門校でも落ちこぼれで、しかも水泳も「青葉の亀」と
噂されるほどの実力で・・・。

水泳大会での泳吉の水着に縫い付けられた「姫乃高校の救世主」っていう布、
あんなの縫いつけられたら、本当の救世主でも恥ずかしいって!(爆)
でもいかに期待していたのかというのが微笑ましかったですね。
「自分のことは自分でやらないと」って言われたからと、山本が水泳大会に
出るために泳げないのに川で練習していたというのも、いじらしかったです。

結局、泳吉が泳ぎがニガテなことも全部バレてしまいましたけど、山本だけは
態度を変えませんでしたね。
そして、早乙女先生のシンクロの演技・・・とてもキレがあって男性的なシンクロ
でした。映画の後もずっと練習していたらしいのですが、たしかに綺麗でした。

アメリカに行くのを止めて、プールに走り出す泳吉。
プールを片付け出すのですが、重い机を持ち上げようとした瞬間に傍らに
山本の姿が・・・足を滑らせて、持ち上げた机に押しつぶされる二人ですが
その顔は晴れやかで、なんかみてて「青春♪」って感じでした☆
ジーンときちゃいました。

物置と化したプールを二人で掃除する姿、水を張ったプールで子供のように
はしゃぐ姿。
なんだかとても微笑ましくて、良かったです。

前のとは全然違う切り口だけど、また違った面白さがあっていいと思いました。
どんな展開になるんでしょうね、楽しみです☆

最後に謎の男って感じで、佐野司郎さんが登場していたのですが、来週から
どのように絡むのかも楽しみですね。

ヒロインの石原さとみさんも可愛くてよかったです。
ドラマ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mayu729.jugem.cc/trackback/79
この記事に対するトラックバック