まゆ☆の雑記帳

日記帳がわりかも。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 人間の証明<最終話> | main | 百歳バンザイ >>

世界の中心で愛を叫ぶ・・・最終話

「世界の中心で愛をさけぶ」<最終話> 「人気blogランキング」

世界の中心で愛を叫ぶ、最終話観ました。
途中で昔&現在のサクのだらしなさに挫折しかかったのですが、
最終話すごく良かったです。

結局サクは亜紀の最後を看取ることが出来なかったんですね。
それにお葬式にも行くことが出来なかった。
自分にけじめをつけて現実を受け入れることが出来ていなかった
のですね。
サクが17年間も亜紀の死を引きずり続けた理由が分かったような
気がしました。

最終話になる前までは亜紀の死に向かって話が進んでいましたが、
最終話では亜紀が死んでしまってから、残された人がどのように
再生していったのかが、とても丁寧に語られていました。

お葬式のシーンからお友達と谷田部先生が亜紀から貰った最後の
テープを聴くシーンまで号泣しっぱなしでした。
亜紀のみんなへの優しい気持ちをそれぞれのエピソードと絡めて
行くのはかなり心にきました。
龍之介へのテープで「ねっ、お前さん」って龍之介の口調をマネて
語りかけるところなんかもうたまりませんでした。
いつも毅然としてる矢田部先生もテープを聞いて一人で嗚咽するよう
に泣いてる姿も・・・。
ってか・・・いま思い出しながら書いてるんですが、思い出しながら
泣けてきちゃいました・・。
正直こんなに号泣するとは自分でも思っていませんでした。
たぶんお互いの絆や人が人を思いやる気持ちを優しく描いていた
のが号泣ポイントになったのではないかと思います。

17年後に亜紀のお父さんとサクが再会して
「人間は生きていくために忘れるんだよ。」
「よく頑張ったな。もう十分だ。ありがとう。」と言われるシーンも
とてもジーンと来ました。

そして、亜紀の絵本。
あの詩がとても利いてました。
ずっと17年間立ち止まっていたサクが、亜紀の骨の灰を貰って
思い出のトラックで一緒に走り出したのが、これからのサクを表して
してとても良かったです。
風を待たずに自分から走り出していったサクがとても爽やかな顔を
していました。
絵本の最後が「がんばれ」という言葉とスタートの笛を吹く亜紀の
イラストだったのも本当に素敵でした。

終わりの方で、それぞれの家族や友達のその後が出ていましたが
それぞれのシーンも秀逸でしたね。
堤防で亜紀の大好きだったクリームコロッケを二人笑顔で食べる
亜紀の両親。
相変わらずの写真屋でのサクの両親。そしてそこに新しいサクと
その家族の写真が飾られている。
ずっと公平で毅然とした教師の谷田部。
そして、お友達のその後も顔を映さずに、ちゃんとそれぞれの人生
をきちんと歩いている姿、その中にずっとサクと亜紀の存在が
大切に守られている姿が素敵でした。

最後の現代のサクが新しい家族と三人で自転車をこいで楽しそうに
田んぼ道を行くシーンにシンクロするように、17年前のサクと亜紀
がまた堤防のところで出会って微笑みながら手をつないで歩くシーン
がとても良かったです。
大号泣していたのに、思わずこちらまでにこ〜ってなってしまうくらい
温かい気持ちになりました。

最後まで、とても丁寧に作ってあったので、とても好感度が持てる
ドラマでした。


最終回ではないのですが、その前の週の亜紀のセリフの
「私はサクちゃんのいない世界で三ヶ月も待ってたのよ」という
のがとても可愛らしくて心に残っています。
ドラマ | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

このドラマも、感動で泣きました。
ほんと、号泣。でも、心温まるような・・・
なんか、気持ちの中であったかいものが生まれるドラマだったよね。もこも、絵本の最後が「がんばれ」という言葉とスタートの笛を吹く亜紀のイラスト。あれで、最後にさらに、涙。
感動的なドラマだったね〜。
もこ | 2004/09/12 2:35 PM
>もこへ
お返事が遅くなってごめんなさいね。
コメントありがとう☆
このドラマは後半にかけて本当はキツくて見れないかも・・
って思っていたんだけど、後半の方が丁寧に描かれていて
ずっと号泣しながら見てました。
前半の二人の初々しさが後で効いてきたんだろうけどね。
なんだか透明感のあるドラマでしたよね。
最後の絵本でのまとめ方は、とても良かったね♪
私は原作も映画も観てないんだけど、映画はまた違う感じ
みたいで、今度機会があったら観てみようかなぁ〜。

また、コメントお願いしますね☆
まゆ☆ | 2004/09/20 9:03 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mayu729.jugem.cc/trackback/123
この記事に対するトラックバック